不動産や資金を相続すると課税されるのが相続税

借金も相続の対象になります

家族の誰かが死亡すると、その財産は配偶者や子どもなどが引き継ぎます。財産には現金や土地、有価証券などのプラスの財産だけでなく、借金というマイナスの財産もあります。こうした一切の権利と義務を引き継ぐことを相続といいます。贈与を受ける時は、「現金がいい」とか「土地が欲しい」というように、財産を選ぶことができます。しかし、相続の場合は、「現金や土地は貰うけど、借金はいらない」というふうに財産を選んで受け取ることはできません。そして、相続によって不労所得を得ることになるわけですから、贈与の場合と同じように相続税が課税されることになっています。

相続放棄と限定承認の違い

相続はプラスの財産と共にマイナスの財産も引き継ぐため、マイナスの財産のほうが多くなる場合があります。このような場合は、相続をすれば借金を抱えなければいけませんが、「財産も借金も引き継がない」という選択肢を選ぶこともできます。これが相続放棄です。また、「借金は相続した財産の範囲内で負担する」という条件付きで相続することもできます。このプラスの財産よりもマイナスの財産が多い場合は、プラスの財産を限度として引き継ぐという相続のやり方を「限定承認」といいます。ただし、相続人が複数いる場合には、全員が限定承認をしなければならないという民法の規定があります。なお、相続放棄も限定承認も、相続開始から3ヵ月以内に家庭裁判所で手続きをする必要があるので、相続については早めに検討しておきましょう。

相続税の税理士を東京で探すなら、この分野を得意としている税理士のホームページを探すのが効率的です。税理士も得意分野を宣伝して集客をしているため、相続税を得意とする方はホームページで宣伝をしています。