中学受験に塾は必要?必要ならどんな塾がいいの?

中学受験をするなら実績のある塾を利用

地元の公立中学に進学するとき、特に受験などは必要ありません。小学校同様にそれぞれの地域で進学する学校が決まっていて、何もしなくても通えます。しかし、国立や私立、その他公立の中高一貫校などになるとそのまま入れない学校もあります。一定の選抜試験などがあるため、それに合格しないと入学ができません。小学校の勉強の範囲が出題されますが、小学校では中学受験の対策はありません。又先生が進路指導の相談にのってくれるケースも少ないです。ですから、希望の学校への進学実績のある塾を選ぶ必要があります。内容は小学校で習う範囲になるものの、応用問題などが出題されます。学校の授業だけで対応するのは難しく、専門的な教材などで勉強できる塾を選びましょう。

学力別のクラス分けがされている塾

小学校のクラスは、学力などで分けられているわけではありません。公立の中学校なども同様です。どちらかといえば各クラスの生徒のレベルが同じになるように分けられるでしょう。公立小学校や中学校は、全国的同レベルの教材を使って同じように進められます。では中学受験を希望するときの塾を選ぶときにはどうすればよいかです。塾にもいくつかあり、学力補助のための塾と進学塾があります。学力補助の塾はそれほど厳しくなく、クラス分けなども行われないところがあります。生徒間の競争などもなく、のんびりした雰囲気で勉強を行います。進学塾は、生徒の学力別にクラス分けがあり、テストによってクラスが変更したりします。レベルの高い学校を目指すなら、競争できる塾がいいでしょう。

人気が高い学習塾は、自学自習の環境が整っている場合が多いです。自学自習をして復習をすると身に付きやすいです。