普通の高校とどう違うの?通信制高校に通うメリット

通信制高校の魅力とは

通信制高校とは、その名の通り、通信による教育を行う高校です。通信制高校には普通の高校にはない魅力があります。例えば「自分のペースで勉強できる」ことです。全日制高校では土日を除き毎日授業を行いますが、通信制高校は月に数回のスクーリングやレポート提出を行うだけで、それ以外の時間は自由です。誰かが勉強時間を決めてくれるわけではないので、なかなかやる気になるのは難しいですが、自主的に勉強できる人にはおすすめですね。また、「面倒な人間関係がない」というのもあります。通信制高校はほとんど学校に通わないため、嫌な教師やクラスメイトに会う必要はありません。人間関係が苦手な人にとってはかなり大きなメリットです。

通信制高校の選び方について

いま、通信制高校の入学を考えている人もいると思います。「不登校だから」「成人しているが、高校を卒業したい」など理由はそれぞれでしょう。そんな通信制高校を選ぶ際、意識したほうがいいポイントがいくつかあります。まずは、「学費」です。通信制高校は公立と私立では学費が全く違います。公立では3年間で10万程度ですが、私立では3年間で50万~100万程度するのです。また、「学習内容」も違います。通信制高校の中にはいろいろな学科やコースを設けている学校があるので、自分が勉強したいコースを選択するのがいいでしょう。通信制高校はすべて同じスタイルではありません。公立と私立がありますし、学校によって雰囲気もサポート内容も大きく違います。大切なのは自分に最も合った高校を選ぶことなのです。

通信制高校なら熊本の学校がお勧めです。転入学を受付けていて前籍校での取得単位も認められるので、最初からやり直す事もありません。