もう少し上達したい!イラストを描くコツとは?

もっと立体感を出したい!そのためにはどうする?

もっとイラストが上達したい、上手くなりたい!そんな悩みを抱える絵描き初心者さんは数多くいると思います。そんな未来のイラストレーターさんたちに気にしてほしいのが、光源の位置です。簡単に言うのであれば、どこから最も光が出ていてどこが最も暗くなるのか、と言うのが近いでしょう。仮にですが、光源がどこにあるのかを意識せずに好き放題描いてしまった場合、建造物であれキャラクターであれ、立体感というのもが薄くなってしまい、どこかのっぺりとした印象を与えてしまいます。そうならないようにするには、まず光がどこにあるのかを意識しましょう。光がある位置が決まっていれば、そこを光源として設定することで、影がどうできるのかといった、最低限の方向は決められます。次に意識して欲しいのは、描くものの形です。それが球体なのか、正方形の存在なのか、もしくは人なのかによって、当然影が付く場所は変わってきます。そこを意識しないと、影が不自然な形になってしまいます。

慣れてきたらコレ!明暗の濃さについて意識しよう。

影をつけるのに慣れてきたら、今度は明りの眩しさ、影の濃さを意識してみましょう。明りでも、非常に眩しいと感じるものもあれば、微かに光っている程度の輝きがありますし、似たように、完全な暗闇の影と、うっすらと暗く見える程度の影といったものがあります。それらを意識して、明るさや暗さにも濃淡をつけてみると良いでしょう。それらを意識して描いてみるだけでも、イラストが随分と立体的になってきます。

イメージ通りの絵を描きたい。独学では思うように表現できないこともあります。そう感じた時、イラストの講座を利用してみませんか?学ぶことでそれまで表現できなかった描き方が見つけることができるでしょう。