家のトラブルは民事事件に強い弁護士に任せよう!

新築住宅の欠陥が見つかった時にはすぐに対応しよう

新築住宅を購入した後に、施工ミスなどの欠陥が見つかった場合には、問題が深刻になる前に民事事件に強い弁護士に対応を任せることが大切です。特に、欠陥の有無についてハウスメーカーや工務店と意見が食い違うケースについては、話し合いが長期化しやすいため、継続して契約を結べる弁護士を見つけることがポイントです。最近では、全般的な家のトラブルを解決に導いている弁護士の活躍ぶりについて、テレビ番組や雑誌などで紹介される機会が増えています。そこで、ニーズに合う弁護士を選ぶにあたり、早いうちから色々なメディアに目を通して、信頼できる弁護士の事務所にコンタクトを取ることがおすすめです。

弁護士に支払う報酬額についてもよく確認しておこう

家のトラブルの解決を弁護士に任せる際に掛かる費用は、担当の弁護士の経歴や得意分野、契約期間などによって大きく異なります。一般的に、民事裁判の勝訴の実績が豊富な弁護士と契約を結ぶ際には、着手金や成功報酬の金額が高額になる傾向があるため、時間を掛けて担当者と交渉をすることが大事です。また、弁護士事務所によっては、将来的に発生する費用の相場について、契約時に一人ひとりの顧客に詳しく説明しているところもあるため、日頃から顧客満足度が高い事務所について調べておきましょう。その他、欠陥住宅の建て替えやリフォームなどの手続きを進めるにあたっては、一年を超えることもあるため、様々な場面で気軽に相談できる弁護士にお世話になることがおすすめです。

弁護士保険のミカタに加入すれば、弁護士に依頼するためにかかる費用を減らせ、人生における悩みを解決してもらいやすくなることがメリットです。