事業資金の借り入れ方法をよく理解しておこう

銀行からお金を借りることができる場合

これからビジネスをスタートする場合には、事業資金を用意しなければいけません。最近は、インターネットビジネスなども増えてきていることから、たくさんの事業資金を必要としないビジネスも少なくないでしょう。ですが、店舗を構える場合や事務所を構える場合には、それなりの事業資金が必要になります。もし、事業をスタートするときに必要な資金が既に手元にあれば問題ありません。しかし、十分な資金がなければお金を借りる必要が出てくるでしょう。

お金を借りる場合には、銀行を頼りにする方法もあります。銀行からお金を借りる場合、担保等がなければ貸してくれないことがほとんどになります。そうだとすると、住宅等の担保を事前に用意しておかなければいけないでしょう。また、かつて取引を何度もしたことがある場合にも銀行からお金を借りることが可能になります。

公庫を利用する方法もある

銀行からお金を借りることが難しい場合には、公庫を利用する方法もあります。公庫は、銀行のような担保がなくてもお金を借りることができる可能性があるでしょう。どのような条件になるかと言えば、まず事業計画書を提出することをからスタートします。そのため、事前に事業計画書を頭の中で練っておかなければいけません。事業計画書ができた場合、それに基づいて面接を行うことになります。面接の結果、お金を貸しても問題ないと判断される場合にはお金を貸してくれるでしょう。ただ、手持ちの金額が少ない場合にはそれに応じて借りることができる金額も少なくなりますので注意が必要なところです。

事業資金を融資で賄うことを検討する場合、具体的な返済計画を提示して納得してもらう必要があります。金利が安く返済期間が長いプランほど審査が厳しいので、プレゼンの方法についてよく確認することが大切です。