大学で心理学科を専攻して得られることとは?

大学で心理学を学ぶとはど具体的にはどのようなこと?

大学に進学するにあたり何を学ぶかを考え専攻学科を決めますが、複数ある学科の中でも心理学を学ぶということはどのような意味を持つのでしょうか。心理学は心と行動の学問といわれたり、心の科学ともいわれています。大学で心理学を学びたい人は高校卒業後、臨床心理学科と呼ばれる学科や心理学科を専攻し学ぶ方法や通信制大学のこのような学科に進学する必要があります。心理学をどのように学ぶのかというと各大学ごとにその学びかたは異なりますが、心理学を大きく分類すると「基礎心理学」と「応用心理学」に分けることができます。基礎心理学でわかったことに基づいて応用心理学を深めていくといえます。

心理学科で学び得られる資格とは?

「基礎心理学」はいくつかの分野に分けることができ、例えば「認知心理学」では脳がどのように世界を認識しているのか、「感覚心理学」では感覚(触れたりする刺激)について研究します。「生理心理学」では神経やホルモンなどの脳の働きについて研究します。これらの基礎心理学を基に「応用心理学」では教育心理学や臨床心理学、発達心理学や社会心理学など一度は耳にしたことのあるこれらのことを学びます。大学で心理学を学ぶと公認心理士という国家資格の受験資格などが取得できます。大学で学んだことを資格取得という形で活かすこともできますが、卒業後にも例えば人とのコミュニケーションにこれらの学びを活かすこともできるなど、心理学とは常に隣り合わせのようなものだと感じられます。

将来、心理カウンセラーのお仕事に就きたい方は心理学の大学を目指しましょう。日本人の多くが、精神的な悩みを抱えている昨今、カウンセリングサービスの需要は高まっています。