社会労務士って何をするの?社会労務士の役割と仕事を知ろう!

社会労務士の資格、そして役割とは?

社会労務士とは、社会保険労務士法に基づく国家資格者のことです。社会保険や労働関係の法律の専門家であり、企業の人事や労務に精通しています。勤務先として社会保険労務士事務所などの専門事務所、企業の総務部、また独立して開業した個人事務所などが挙げられます。社会労務士が求められる背景には、人事労務関連の法律による手続きの煩雑さにあります。年金や健康保険、そして労働や雇用に関する法律は、広範囲にわたっています。またこれらの法律は法改正も頻繁に行われるため、各種手続きが複雑になっているのです。このような状況から、企業が労働環境を適切に維持するために、専門家である社会労務士のサポートが必要になっているのです。

社会労務士の仕事、そして独占業務とは?

社会労務士の仕事は、就業規則や労働契約の作成、労働保険料などの計算、社会保険の加入手続き、給与計算や確定申告の書類作成などです。このような労働法や社会保険に関する書類作成や提出代行は独占業務とされていて、社会労務士にしか許されていません。社会労務士の仕事は基本的には独占業務が中心となりますが、人事や労務そして年金に関する相談やコンサルティング業務なども仕事になります。社会労務士に仕事を任せるメリットとして、トラブル発生時に迅速に対応できること、人事部や総務部の社員ではなく社会労務士が各種業務を行うことで対外的な信頼を得られること、そして労働環境の安全性や快適性が高まり労働力の確保につながることなどが挙げられます。

社会保険労務士の就業規則は、ハードワークなどの勤怠管理におけるリスクに備えたり、社員の仕事上のモラルを高めたりするうえで役立ちます。