仮想通貨の総合的な取引を行う仮想通貨取引所

仮想通貨を手に入れるには取引所と販売所がある

インターネット上で商取引を行うための仮想通貨の代表例が、ビットコインです。ビットコインを商取引で使うためには、現金から変換する必要がありますが、方法としては2種類存在します。運営している会社から直接仮想通貨を購入する場合は販売所、運営会社内で仮想通貨を持っている人から直接取引を行う場合が取引所売買となっています。仮想通貨を扱う運営会社自体が販売所と取引所の両面を兼ね備えており、会社から購入するのか、個人から購入するのかで言葉が変わってくることになります。

取引所と販売所の違い

ビットコインなどの仮想通貨の購入場所が取引所か販売所かにより、条件等が異なってきます。販売所での購入は、運営会社が提示した金額で確実に行える利点がある反面、取引よりも割高の値段で購入することになります。仮想通貨は時として価格の乱高下が激しい時があるため、確実に購入できる場所として押える必要があります。取引所での購入は、仲介先となっている運営会社の取引情報を参考に、自分が希望する価格と数量での取引となります。最適な条件の場合、販売所よりも割安で購入、割高で売ることができますが、価格の動向により取引できないこともあります。

取引所を選ぶポイント

日本国内には複数の取引所があると言われていますが、抑えておくポイントがいくつかあります。取引時には手数料がかかるケースがありますが、おおよそ100円前後、会社によってはマイナスのところもあります。仮想通貨の性質上盗難が起きやすいため、インターネットなどからの様々な攻撃に対応できる場所を選ぶことが最重要となります。

仮想通貨取引所の比較する際のポイントとしては、仮想通貨の取引する際の金融庁の登録をされているかどうがをよく見ること。仮に登録されていなくても、運営側から金融庁の登録申請している段階であれば大丈夫です。