違いは何?法人デビットカードの特徴と選び方!

法人デビットカードの特徴は?

法人デビットカードとは、会社で使うためのカードのことを指します。登録してある法人口座から利用時に引き落としされるというシステムです。利用前までにお金を口座に用意しておけばいつでも利用することが可能となっている大変便利なカードです。与信審査が無いところが多く、決算書の提出が不要なところもあります。法人口座を開設しておけばどのカードも利用することができます。法人デビットカードの会社のサービス例をいくつか比較してみましょう。

どこの法人デビットカードを選べばいいの?

法人デビットカードの特徴は、1日で利用できる金額が決まっていて、中には1ヶ月で利用できる金額が決まっているところもあります。用途に合わせてカードを選ぶことが重要です。A社では1日200万円まで利用することができ、1ヶ月に1000万円まで利用できます。B社では1日500万円まで利用することができ、1ヶ月1億円まで引き上げが可能です。C社では1日3000万円まで利用できます。中にはキャッシュバックモールを経由すると1.0%のキャッシュバックがあったり、利用するたびにポイントで還元されるところもあります。ほとんどのカードが、パスワードを利用する際にはワンタイムパスワードを発行するなど、セキュリティもしっかりしているところが多いです。各社それぞれ良い部分がありますが、もちろんデメリットもあります。盗難補償がないところ、海外加盟店が少ないところなど、使いどころが鍵となるカードもあります。口座に入っている分のお金のみ使用できるので、予算より多く使ってしまったということが無いのが法人デビットカードのいいところですよね。

法人 デビットカードは、利用と同時に銀行口座の残高から即座に引き落とされる仕組みになっています。つまりは、口座にお金がなければ使うことのできないカードだということです。